アフィリエイト

個人向けおすすめレンタルサーバーを比較!ワードプレスはここ

個人向けおすすめのレンタルサーバー

個人向けレンタルサーバーのおすすめってどこ?

ワードプレスを使ってこれからサイトを作るためにレンタルサーバーが必要みたいだけど、どこを選んだら良いか全くわからない。

これからワードプレスを始めるのに誰しもが迷うところだと思います。私もレンタルサーバーを検索していたら、数十種類もでてきてどれを選んだらいいかすごく迷いました。

なので少しでも、レンタルサーバー選びが楽になるように

  • 「価格の安さ」
  • 「表示スピード」
  • 「サポート・サービス」

とテーマごとにサーバーをランク付けしましたので参考にして下さい!

それでは、早速いってみましょう!

レンタルサーバー価格の安いランキング

  • レンタルサーバーのスペックは気にしない
  • とにかく安くワードプレスでサイトが作れたらいい

そんなあなたにおすすめのレンタルサーバーをはこちら!!

レンタルサーバー 初期費用 月額 ディスク容量
ロリポップ!レンタルサーバー 1,500円 300円 50GB
バリューサーバー 1,000円 400円 50GB
さくらのレンタルサーバ 1,029 515円 100GB

※無料サーバーはサポートが悪かったり、ページに広告表示されたりと不便なので対象外

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップは個人からビジネスまで多くの人に利用されているサーバーです。

月額費用が安いプランが多く、手軽にサイトを作りたいと思っているユーザーから大好評!!

管理画面もわかりやすく初心者には使いやすいレンタルサーバーとなっています。

初期費用 1,500円
月額費用 300円
ディスク容量 50GB

詳細はこちら

バリューサーバー

GMOが提供するレンタルサーバー。

ドメインと一緒に購入するまるっとプランなら
初期費用が無料、月額費用が143円から利用できます。

ドメインをこれから購入する方にはバリューサーバーが最安値でお得です!!

初期費用 1,000円
月額費用 400円
ディスク容量 50GB

詳細はこちら

さくらのレンタルサーバ

低価格で100GBのディスク容量が魅力!

動画や画像などデータ容量が必要なサイトを作ろうと考えている方にオススメです!!

無料期間は14日と他社のレンタルサーバーよりも多いので、じっくり検討できます。

初期費用 1,029
月額費用 515円
ディスク容量 100GB

詳細はこちら

レンタルサーバーの表示スピードランキング

2018年7月からグーグルは「Speed Update」を実施し、ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用するようになりました。

つまり、

表示速度が速いと検索結果が上位表示されやすい

ということです。

ユーザはちょっとでもスマホで表示が遅いと、そのページ見ずに戻ってしまいます。

表示速度に影響を与えるのが「CPU」、「メモリ」、「ディスク」、「通信プロトコル」「PHP」、「サーバーソフト」です。

サーバの表示速度に影響を与える要素
  • CUPコア数が多いほど高速に処理できます
  • メモリ数値が高いほど一度に大容量のデータの処理ができます
  • ディスク : HDDよりSDDの方が速くデータにアクセスできます
  • 通信プロトコル : QUIC>HTTP/2>>HTTP/1.1とQUICが一番速いです
  • PHP : PHP5よりPHP7は速く動作します
  • サーバソフト : LiteSpeed>nginx>ApacheとLiteSpeedがより速く動作します

これら要素をもとに表示速度が速いレンタルサーバーランキングを見ていきます。

レンタルサーバー CPU メモリ ディスク 通信プロトコル PHP サーバーソフト
MixHostスタンダード 3コア 4GB SSD 150GB HTTP/2&QUIC PHP7 LiteSpeed
エックスサーバーX10 24コア共有 256G共有 SSD 200GB HTTP/2 PHP7 nginx
カゴヤサーバーグレード2 1.5コア 2GB SSD 40GB HTTP/2 PHP7 Apache

※エックスサーバーのCPUとメモリは1人あたりの割当不明

MixHost(ミックスホスト)スタンダード

数あるレンタルサーバーの中で低価格なのにハイスペックなのがミックスホストの特徴!

ページ表示速度は最速クラスです。

設立が2016年と新しめですが、ミックスホストへ移行している人がどんどん増えています。

CPU 3コア
メモリ 4GB
ディスク SSD 150GB
通信プロトコル HTTP/2 & QUIC
PHP PHP7
サーバーソフト LiteSpeed
月額費用 880円~

詳細はこちら

エックスサーバー(xserver)X10

レンタルサーバーといえばエックスサーバーというくらい利用者がとにかく多く有名です。

エックスサーバーは独自の「Xアクセラレータ」「mod_pagespeed」といった高速化機能を搭載しているので高速に機能します。

運用も15年で実績と安心感のあるレンタルサーバーです。

CPU 24コア共有
メモリ 256G共有
ディスク SSD 200GB
通信プロトコル HTTP/2
PHP PHP7
サーバーソフト nginx
月額費用 900円~

詳細はこちら

カゴヤサーバーグレード2

WordPress専用サーバーがあるのが特徴的なカゴヤサーバー。

「KUSANAGI」という超高速WordPress仮想マシンを使用していて、スペックは他のレンタルサーバーに劣りますが高速に動作します。

ディスク容量を使わないサイトを作る方にはオススメのサーバーです。

CPU 1.5コア
メモリ 2GB
ディスク SSD 40GB
通信プロトコル HTTP/2
PHP PHP7
サーバーソフト Apache
月額費用 900円~

詳細はこちら

レンタルサーバーサポート・サービスランキング

レンタルサーバーの価格やスペックに目が行きがちですが,いざという時に役立つのが「バックアップ」、「セキュリティ」、「ユーザーサポート」の有無です。

レンタルサーバーサポート・サービス
  • バックアップ:データが失われても元に戻せる
  • セキュリティ:脆弱性対策(WAF)や、不正侵入防止(IPS/IDS)をしているか
  • ユーザサポート:困ったときに問い合わせれるか
レンタルサーバー バックアップ セキュリティ ユーザーサポート
MixHost 14日分(無料) WAF/IPS/IDS メールのみ
ロリポップ! 7日分(無料) WAFのみ 電話/チャット/メール
エックスサーバー 14日分(有料) WAFのみ 電話/メール
MixHost(ミックスホスト)

こ表示スピードでも1位だったミックスホストがここでも1位です。

14日間前までのバックアップ復元が無料

脆弱性対策(WAF)のみでなく不正侵入防止(IPS/IDS)も唯一行っています。

バックアップ 14日分(無料)
セキュリティ WAF/IPS/IDS
ユーザーサポート メールのみ

詳細はこちら

ロリポップ!

ミックスホストには及びませんが、バックアップは7日前まで自動で行っており、無料で戻すことができます。

ユーザーサポートは充実していて、電話だけでなくリアルタイムでチャットでのサポートも行ってくれるのです。

バックアップ 7日分(無料)
セキュリティ WAFのみ
ユーザーサポート 電話/チャット/メール

詳細はこちら

エックスサーバー

バックアップは14日間前まで取ってくれているのですが、データを復元するのは有料です。

サーバの安定感は高いのでそこまでトラブルでデータが損失することはほぼ無いと思います。

バックアップ 14日分(無料)
セキュリティ WAFのみ
ユーザーサポート 電話/メール

詳細はこちら

まとめ

レンタルサーバー目的別ランキング
  • 「価格の安さ」
  • 「表示スピード」
  • 「サポート・サービス」

ここまで目的別にレンタルサーバーのランキングを見てきました。

その中でも、私の一番おすすめの個人向けレンタルサーバーは

MixHost

です。

参考MixHostの詳細はこちら

このサイトをみて個人向けレンタルサーバーを借りることを考えていると言うことは、少なくともアフィリエイトで稼ぎたいと考えている人が多いと思います。

ページ表示が速い→検索上位表示→ユーザの目にとまる→商品の成約率UP

このようにアフィリエイトで稼ぐ目的に対して、どうするのが良いか考えると表示速度を上げることが効果的です。

その点、MixHostは表示速度も速く、セキュリティも十分で、さらに月額費は他の個人向けレンタルサーバーと比べても十分安く、今なら10日間無料で使えます!!

まずは試しに使ってみて、ダメだったら解約で大丈夫。

レンタルサーバーはサクッと選んで、アフィリエイトで稼いで生きましょう!!

ちなみに、レンタルサーバーを選んだ後に必要なのはワードプレスのテンプレートです。

おすすめのワードプレステンプレートを紹介しちゃいます!

参考オススメのテンプレート(作成中)