自動車

アジアンタイヤは【韓国製か台湾製】がおススメ!その理由とは

アジアタイヤ

ブリヂストン、ヨコハマ、
ダンロップ、ミシュランetc・・・

これら有名タイヤメーカーに比べ
半額以下なんてザラなコスパが魅力の
激安アジアンタイヤの数々!

あなたもそろそろ愛車のタイヤを
交換しないといけないくらい
ツルっツルになってきているけど

タイヤ交換の費用を抑えたい、
だけどアジアンタイヤって安すぎて
ちょっと心配・・・

なんて思っているなら
値段が安くても安心して使える
韓国製か台湾製のアジアンタイヤが
おススメです^^

今回はアジアンタイヤの中で
なんで韓国製と台湾製がおススメなのか

自動車部品の販売をして
15年の私が「素材の面」を切り口に
アジアンタイヤを解説します!

そもそもタイヤってどう作る?

タイヤ オイル

さて、アジアンタイヤの中で
韓国製と台湾製なら安くても安心
という話を進めていくうえで、

タイヤがどう作られるか
って話をちょっとしますね^^

タイヤをはじめゴム製品の生産は

「お好み焼き」を作るのと同じ

と、業界では例えられます。
タイヤ生産

お好み焼きって小麦粉など粉ものに
水をいれて練って焼いて・・・
という工程だと思いますが、

タイヤをはじめとしたゴム製品も
お好み焼きと同じように

ゴム原料であるポリマーや
粉ものの化学薬品をいろいろいれて
「オイル」をいれて練るんです。

で、グチャグチャ練ったのを
焼いて(蒸し焼き?)成型します。

ちなみにタイヤに入れるオイルって
こんな感じです。
ラバープロセスオイル

アスファルトの一歩手前みたいな
ドロ~っとしたオイルを入れるんですが

実は私、以前オイルメーカーに
勤めていた際にこのタイヤ用オイルを
タイヤメーカーに営業してたんです^^

その時に今回お話しする
韓国製、台湾製なら安心ってことを
素材の面から認識した次第であります!

製造資材の多くが日本製

そんなオイルメーカー勤務時代に
文献やら営業資料やら見ていると

韓国、台湾のタイヤメーカーって
元々日本の製造設備や資材を輸入して
生産をスタートした経緯があったんです。

先程でたアスファルトみたいなオイルも
日本から輸出していますね。

このような背景があって
韓国や台湾でのタイヤ生産がスタートし
いまでは自動車メーカー純正タイヤにも
採用されるメーカーもありますし、

某世界的タイヤメーカーをはじめ
ゴム原料を逆に韓国から輸入することが
あるほどの状況になっています。

そういった製造の裏側を知れたので
韓国タイヤ、台湾タイヤなら安心と思い

自分でも実際にタイヤ交換で
履いてみて全く問題なかったから
けっこういろいろリピしてます^^

サーキット走っても
僕ぐらいの腕なら国産タイヤと
比較しても大差ないし、

日常使いでも、雨の日でも
特にコレといった違和感もなく
価格は国産の半額以下だから
選ばない理由がないんですよね~

次は、実際に自分が履いてきた
アジアンタイヤをご紹介します!!

ネクセンN8000

ネクセンN8000
生産国:韓国
メーカー:ネクセン
使用車:CL7アコードユーロR

ネクセンN9000

ネクセンN9000
生産国:韓国
メーカー:ネクセン
使用車:CL7アコードユーロR

ハンコックベンタスV12evo

ハンコックベンタスV12
生産国:韓国
メーカー:ハンコック
使用車:CPV35スカイラインクーペ

ナンカンNS20

E92 BMW M3
アジアンタイヤ ひっぱり
生産国:台湾
メーカー:ナンカン
使用車:E92 BMW M3

この他にも台湾製の
フェデラル595なんかも
アコードの時は履きましたね。

どれもデザインも悪くないし、
国産タイヤと比べてうるさいとか
バタつくとか、グニャグニャとか
そんな感じもなかったし。

E92のM3は中古で買った時に
ナンカンのタイヤが最初から
装着されてましたが、

引っ張りタイヤなんてはじめてで
どんなもんかなと思いましたし

420psのFRで大丈夫かな~
なんて不安も正直あったんですが
これも全く問題なし^^

フルスロットルにしても
ブレずにしっかり加速するし

乗り心地もその見た目からは
想像できないほど良好で静か、

コーナーで踏んでいくと
スルスル~って穏やかな感じで
でてってくれて唐突さもなし。

いままでいろいろな
アジアンタイヤを履いてきましたが

こんな感じで
どれもいい印象が残っています♪

どこで買えばいいの?

タイヤ交換を激安にできる
アジアンタイヤ。

ではどこで買えばいいかですが
じぶんはいつもオートウェイですね。

アジアンタイヤの通販サイトで
老舗の有名なオートウェイですが、

サイト内で購入したタイヤは
交換してくれる提携工場に
直送することもできるから

安く買ったはいいものの
どこで交換すればいいの?っていう
心配もないですしね^^

オートウェイ
オートウェイのサイトに行って
上の画像の赤丸部分の所に

「195 65 15」とか
自分の車のタイヤサイズを
入力して検索もできるし、

アジアンタイヤ 購入

上の画像みたいに
メーカーや車種ごとで
検索することもできますし

一度チェックしてみては
いかがでしょうか。

でも、いいですか?!
買うなら韓国製か台湾製ですよ^^

アジアンタイヤ通販のオートウェイ

タイヤ交換しないって選択肢

ここまでアジアンタイヤの
アレコレをご紹介してきましたが

そもそも「タイヤ交換しない」って
選択肢もありかなと思います!

何が言いたいかというと、
あなたが今タイヤ交換しようと
考えているクルマ、

何年ぐらい乗っていますか?
走行距離はどれぐらい走りましたか?

年数も距離もけっこう乗ってるなら
注意したいのが「急な故障」

クルマの故障

昨日まで何ともなかったのに
今日になったら急に調子悪くなって
なんてことけっこうあります・・・

だからあなたのクルマが
年数も乗ってるし距離も走ってるなら
この急な故障のリスクがあるだけに
注意したいところです。

せっかくタイヤ交換した後に
20万も30万もかかるような
高額故障が発生したら

それならタイヤ交換、しなかったのに(怒)

ってなります・・・。

だからタイヤ交換しないで
乗り換えちゃうっていのも
アリじゃないかと思います^^

たとえば上のズバットなんかで
いま乗ってるクルマの買取相場が
カンタンにわかるので

予想以上に相場が高いのがわかれば
高く売れるうちに乗換えちゃうのも
いい判断だと思いますし、

えっ?そんな安いの・・・っていう
残念な結果であれば乗り続けた方が
メリットあるって判断もできます。

いま乗ってるクルマが
年数も距離も走っているなら

愛車の「いまの価値」を
把握するのも大切なことだと思います。

タイヤ交換を考えているなら
こんなところもご注意くださいませ^^

最短30秒で入力完了、愛車の価値がわかるズバット