アフィリエイト

ブログ派?サイト派?アフィリエイト初心者が押さえておきたい違い

あなたが始めようとしている(または始めた)のはブログですか?それともサイト?

「そんなこと言われても、ピンと来ないなぁ」

「そんなの意識する必要あるの?」

「収益があれば私はどっちでもいいんだけど…」

こういう方って多いのではないでしょうか?

<雑記ブログ><特化型サイト>のどちらのタイプでアフィリエイトするのかを分かっておかないと

  • 収益を得る方法
  • 収益につながる記事の書き方
  • 気持ちの持ち方

が全然違ってきます。

以外とハッキリ理解していないこの部分をうやむやなまま進めて、初心者さんが万が一この2タイプのいいとこ取りをしようとしたら大変です!「思ってたのと違う!」となって挫折してしまうまもしれません。

例えば・・・

「WEB上に不労所得の資産を築けるなんて素敵~♪」と思って、好きなことを好きなように書こうとする。

コレでは、つまずきます。(きっと途中で気づくと思いますが、最初から分かっておくに越したことはありません^^

それぞれの性格の違いをしっかり押さえておけば、「こんなはずじゃなかった」という挫折ポイントを減らすことができ、収益にまっすぐ向かっていくことができます。

まずは2つの性格の違いをよく理解して、自分にはどっちのタイプが合っているのか見極めてみてください。

そもそも雑記ブログと特化型サイトの違いって?

雑記ブログとは?

記事を自由に追加して書いていくスタイルで、トレンド情報を記事にしてもいいし、筆者の個人的なことも扱える、記事ネタに困ることのない自由自在なものが雑記ブログになります。

特化型サイトとは?

書いた記事に新しいも古いもなく、一通り伝えたい内容を書き終えれば完結させることができるのが特化型サイトになります。

雑記ブログは、とにかくバラエティに富んだ大型ショッピングモールのように商品数も豊富、新しい商品も次々発売されて消費者を飽きさせないと言ったイメージで、一方の特化型サイトは、痒いところにまで手が届くような、1つのジャンルでの品揃えがバツグンに良く、頼りになる専門店のようなイメージです。

【ブログとサイトの違いその1】収益方法が違う

<雑記ブログ>主な収益方法はクリック報酬型広告

雑記ブログでは記事の内容もバラエティに富むので、読者層もバラけてきます。なので特定のターゲットに向けての商品を売ることは難しいので、多くの読者層に対応できるクリック報酬型のGoogleアドセンスが主な収入になってきます。

Googleアドセンスから提供される「広告コード」を自分のサイトに挿入するだけで、広告がユーザーに最適化されて配信される仕組みです。クリックされると1クリックあたり数十円~数百円の報酬を得られます。ものを売らなくても良く、ブログに貼っておくだけでいいのでとても簡単です。

<特化型サイト>主な収益方法は成果報酬型広告

特化ブログやサイトでは、訪問してくれるユーザーの属性が明確で、ニーズが掴みやすいので、自分の書く記事のジャンルに合った商品を売りやすくなります。ASPに登録して、商品やサービスを企業の代わりに紹介・販売し、ターゲットユーザーに買ってもらうことで収入になる、成果報酬型広告による収入をメインにする方法が合っています。

クリック型とは違い、購入に至ってもらわないと収益にならないので、ハードルは高くなりますが、アドセンスのようなクリック報酬型広告より成果報酬型広告の方が断然単価が高いので収益は大きくなります。

ASPとは、アフィリエイトサービスプロバイダー(Application Service Provider)の略称で、広告を掲載してもらいたい企業と自分のサイトで広告を掲載したい人(アフィリエイター)を仲介する役割をします。企業はASPにあらゆる商品リンクや広告を登録でき、アフィリエイターはその中から自分の記事に合うものを選択し、記事内にリンクを貼って購入を促します。

【ブログとサイトの違いその2】必要な対策が違う 


<雑記ブログ>主な対策は
PVを増やすこと

もちろんあなたのスキルにもよりますが、100PVで1クリックされるかどうかという世界なので、Googleアドセンスを主な収入源にする雑記ブログでは、PVを増やすことが何より大事になってきます。

PVを増やすにはファンをつけることが大事で、継続的に書き続けること、話題になりそうな記事を書くこと、などの対策が必要です。

PV(ページビュー)とは、ウェブサイト内の特定のページが開かれた回数を表し、どのくらい閲覧されているかを測るための指標です。

<特化型サイト>主な対策はSEO

検索の上位に表示されていれば、ユーザーが訪問してくれる確率は確実に上がります。SNSなどからも集客できますが、検索からきてくれたユーザーは、あなたの特化ブログやサイトのジャンルに合ったキーワードで来てくれるユーザーになるので購買意欲も高く、ここからの流入を主にするほうが収益につながりやすいです。

PV数はあまり関係なく、訪問者の「属性」と購入意欲の状態が重要になります。記事数が少なくても1つの情報に特化すれば多くの報酬を獲得できる可能性があります。

SEO(Search Engine Optimization)対策とは、 検索結果で自分のサイトを多く露出するために行う対策のことで。 検索エンジン最適化とも呼ばれます。その対策は色々ありますが、簡単には、どんなキーワードで記事を書くか、検索順位でライバルに勝てるか、などを考えます。

【ブログとサイトの違いその3】ゴールが違う

<雑記ブログ>継続命!追加型でゴールはない

雑記ブログは商品を売る代わりに自分を売るようなイメージです。自分の意見や思考を自由に綴るような内容を交えることで共感してくれたり、楽しんでくれるファンをつけていくことが大事です。

離れないように、忘れられないように、継続して書くことが必要で、そこにゴールはありません。ファンとともに走り続ける覚悟で運営していきます。

<特化型サイト>ページ数が少なくても完結する、ゴールあり

サイトは資産構築型と言われ、少ないページ数、少ないメンテナンスでも収益を上げられる仕組みを作ることができます。

ゴールありと言い切ることはできないのですが、情報が古くなるようなことを出来るだけ記事に書かないようにすることで<少しの更新でほったらかしに出来る>という醍醐味を味わえます。

ブログとサイトそれぞれのメリット・デメリット

<雑記ブログ>のメリット・デメリット

メリット
  • 好きなことをジャンルを気にせず自由に書ける
  • 記事ネタに困らない
デメリット
  • 記事の更新にゴールがない

<特化型ブログ>のメリット・デメリット

メリット
  • 完結させる構成ならある程度ほったらかしでもWEB上に資産を築ける
デメリット
  • 専門的なことを客観的に書かないといけない
  • 個人の意見をメインに自由に書けない

どちらのメリットも捨てがたいものになっているのがニクいところです!!

おわりに

どちらがあなたの性格にフィットしそうでしょうか?

ブログだと、根気強く続けられる人、楽しいことや新しいものが好きな、ちょっとミーハーな人なんかが合っていそうです。

記事を自由に書いて楽しみたい、ファンをつけてPVを増やし、アドセンスの収入を狙うのなら迷わずブログです。その中で商品やサービスを売っていくページを作ってもいいでしょう。楽しく記事を書いて、トレンド記事なんかも入れてバズることを期待するのも面白そうですね。

サイトなら、長続きさせるのが苦手な人、最初に全体の構成をしっかり考えられる人が向いているでしょう。

そんな私は、性格的にコツコツ長く続けていくことが苦手で、最初に全体像を把握しておいてから始められる方がよかったので、サイトを選びました。子育て中で何かと忙しい主婦の私には、「少ないメンテナンスでほったらかしにできる」というサイトの性格も大きな魅力に感じています。

ご自身の性格やライフスタイルによって、ブログかサイトのどちらが合っているのかを選んでいくといいと思いますよ。