副業

【2018年最新版】20代・30代必見!公務員ができる5つの副業

公務員は安定してるけど収入が…と考えている人は多いはず。

しかし、公務員は原則として副業禁止。

今の収入のまま我慢しなければ…と思っているなら少し待ってください。

公務員でもできる副業があるんです。

ここでは元公務員である私が「副業をしてはいけない理由」「公務員でもできる副業」を紹介していきますので、自分にあったものを実践して少しでも収入の足しにしてみてください。

そもそも公務員の副業は可能か?

公務員は副業禁止」これはもはや常識と言ってもいいかもしれません。しかし、なぜ禁止されているのでしょうか?また、バレてしまった場合はどうなってしまうのか。ここでは公務員法の該当部分を紹介しつつこれらの疑問に答えていきたいと思います。

公務員の副業禁止の理由

なぜ公務員の副業が禁止されているのか、「国家公務員法」と「地方公務員法」の2つの法律で以下のように記載されています。

国家公務員法 第103
職員は、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。

国家公務員法 第104
職員が報酬を得て、営利企業以外の事業の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、その他いかなる事業に従事し、若しくは事務を行うにも、内閣総理大臣及びその職員の所轄庁の長の許可を要する。

地方公務員法 第38
職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。

要するに「許可なくして金銭を得る行為をしてはいけないよ」ということですね。

公務員が副業でバレたらどうなるの

副業がバレた場合、過去のケースを見てみると半年程の停職処分となることが多いようです。また、副業の内容が公務員として著しく信頼を欠くようなもの(犯罪に関わるものなど)であった場合、懲戒免職処分、つまりクビになるようです。

公務員が副業でバレた場合
  • 飲食店 停職80
  • 声優 停職4ヶ月
  • 大規模農業 停職6ヶ月
  • 水田耕作 停職6ヶ月
  • 飲食店送迎 停職6ヶ月
  • キャバクラ 停職6ヶ月
  • 不動産投資 停職6ヶ月
  • AV出演 停職6ヶ月
  • 自宅送迎 停職6ヶ月
  • 偽ブランド品販売 懲戒免職
  • 偽警察手帳販売 懲戒免職

公務員でもできる副業とは

1. アフィリエイト

公務員としてアフィリエイトを副業とすることは、グレーゾーンと言われています。理由は「信用失墜行為だから」「営利目的だから」などが挙げられます。

しかし、公務員が受け取ってはいけないと規定されている「報酬」とアフィリエイトの「報酬」は法律上別物であるため合法であるという考え方もあります。

またグレーゾーンということですが、20万円以下の利益なら申告をしなくてもいいですし、特にバレるということはないかと思います。

2. 不動産賃貸業

不動産賃貸業は、小規模であれば副業とはみなされないため許可を得る必要がありません。具体的には、510部屋以内のアパート、マンション」であれば大丈夫です。また、これ以上であっても業者に委託していれば許可が得られる場合があります。

これは、公務員に限らず副業として認められるためには「本業に支障がないこと」ですので、業者に委託することで本業に支障がでなくなるためです。

例えば510部屋持っているとして、満室だった場合、一室の家賃が5万円だったとしても月250万円、空き部屋率50%だとしても月125万円と大きく稼ぐことができますので最もおすすめできる副業の一つです。また公務員というだけで銀行から融資を得やすくなることも大きなメリットです。

3. 小規模農業

人事院の「義務違反防止ハンドブック」によると、農業が営利目的でなく、農地や売上が小規模な場合は、自営や副業に該当しないとあります。

どこまでが小規模かというと、「販売農家」区分である「耕地面積が30a、農産物の年間販売額が50万円」ですので、これを超えるようでしたら許可申請したほうがいいでしょう。

4. 執筆業

執筆業の副業は多くの前例があります。中でも有名なものは高校の国語教師をしていた俵万智さんが在職中に「サラダ記念日」を出版しました。きちんと許可申請を出せば表現の自由や趣味の一環などから認可が降りる可能性が高いようです。

ただし、守秘義務を守ること、本業を疎かにしないことが重要です。

5. FX・株・仮想通貨

FX、株、仮想通貨なども営利目的ではない投資活動として公務員におすすめの副業です。これらはレバレッジを掛けることで資金の数倍もの金額を用いて取引をすることができるので、少額で始めることが可能です。

ただしこれらは元本割れのリスクもありますので気をつけて行ってください。

公務員の副業が解禁されつつある

20174月、神戸市が先陣を切り、職務外に報酬を得て地域活動に従事する際の基準を明確化しました。以下の条件に限り副業を認めるとのことです。

(1) 社会性、公益性が高い
(2) 市が補助金を出すなど特定団体の利益供与に当たらない
(3) 勤務時間外
(4) 常識的な報酬額

また、奈良県生駒市も同年8月から同様の施策を始めました。今後もこのような自治体が増えていくことが予想されます。

これには働き方改革などの個人の働き方のあり方や、副業で培った経験を本業に活かす狙いがあるようです。

まとめ

公務員でもできる副業を中心にまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?
収入の低さに悩んでいる公務員の方はぜひこれらを参考にしてみてください。

ただし気をつけていただきたいのはあくまで副業は副業
本業に支障がないよう気をつけてくださいね。